6月2日訪問
ちばわんセンターレポート
更新されました












仕事や家事の合間の作成なのに、
皆さん、アップするのが早くて感心します。
(他人事~)




レポートを観て、以前載ってた子が居ない~と、
心配をされないで下さい。

先日行われました、センターの譲渡会で、
数頭の子にご縁があり、一般譲渡された様です

職員様方も、休み返上で一生懸命です。








千葉県内にお住みの方は、直接センターからの、
一般譲渡が可能です。



その際は、家庭に入って無い分、細かい情報は未知の世界で、
家庭犬としての躾も1からとなる子もおりますから、
家族様でしっかり相談をして、簡単には返さない覚悟をして、
迎えて欲しいです。



一緒に頑張ってあげて欲しいなぁ~。
そして、番犬代わりではなく、室内で家族の一員として、
生活を共にして欲しいと、切に切に切~に願っております










一般譲渡と言えば。。。






この日私は、出会ってしまったのです。





今にも消えそうな、ちっちゃなちっちゃな命と。。。





私も千葉県民なもので…。







一般譲渡をして頂きました。







酷く脱水を起こしてるとの事で、収容されてから補液をして下さってました。








名前はキラリ(光) 女の子です


まだママや兄弟の温もりが必要な数週間の仔が一匹で。



母猫とはぐれたのか、野良の厳しい生活では育たないと母猫が判断をしたのか、なぜ一匹なのかは不明です。




でも、この仔は野良の仔じゃ無いっ!








どこか疾患のある仔なのか、激やせで、
触るとすでに低体温になってました













センターで用意をしてくれた、ペットボトルの湯たんぽで保温しながら戻り。







メイに買い溜めしてたホッカイロを引っ張り出し、
とにかく体温をあげてあげなきゃと、動かないのが幸い、ペットボトルの湯たんぽを抱かせてました










母猫がする様に排泄を促してあげたら、ちゃんとしてくれました。
ウンチは下痢だったけど…

センターでは離乳食を口にしたと聞いてたけど、
衰弱してたからか、自力でミルクすら飲んでくれないので、
シリンジで一滴ずつミルクを含ませると、ペチャクチャしてくれ。










数時間後体温も上がって来たのか、私の動きを追う様になったんですょ。














ちっちゃいでしょ~

骨と皮だけ
ドキドキのあり得ない程の軽さでした









訪問の前日に、ぐったりして収容されたそうで、
翌日には亡くなってると思ってましたと、センターの方が言ってました。


せめて人のそばで。。。
と、譲渡させて頂いたのですが。










目に勢いが出た様に感じ、この様子を見た時は、
きっと生命力のある子だ。
もしやもしや、復活してくれるかもと、
十数年前の、メイの時を思い出し、
嬉しい誤算が頭をよぎりました















夜遅くに、初めてか細い声で鳴いたので、鳴く力も出て来たんだと嬉しくなり、
そばに行き抱き上げてあげたら、1分もしない内に、
すぅ~ッと、呼吸が止まりました。


力尽きちゃいました。










メイ(命)の様に、奇跡が起こるかもと淡い期待はありましたが、
当初思った様、看取るだけになってしまいました。





最後の力で鳴いて呼んでくれ、抱いて送ってあげられたのが救いです。















余りにも小さい身体なので、火葬はお願いしませんでした。
我が家の庭に今日埋葬致しました。



この仔が生を受け、存在していた証として、
残しておきたかったので、書かせて頂きました。












なかなかブログには登場しないメイ。
改めて、横でふてぶてしく寝てる姿が愛おしく感じます。



メイの生命力は恐ろしい凄い!






生後数週間の小さい身体にはカラスに突かれた様な、貫通した穴があり、
二匹で横たわってました。









一匹はすでに亡くなっており、メイも低体温になってて、
全く動かず。











小さな身体にはありえないノミの数。
8月の黙ってても汗が出てくる時期だと言うのに、
ペットボトルの湯たんぽを抱かせ、諦め半分で、
体温上昇をひたすら願ってたら、翌日には復活








動きだしたら奇妙な移動の仕方をする事に気付き。













両前脚が奇形?麻痺してる事がわかりました。












この数年、肘?床ずれの傷対策では試行錯誤です。
色々と試しましたがムダで、今は何も巻かずに乾かす様にしてます。


床に擦って歩くから、やっとカサブタが出来ても、
又取れて血が出るを繰り返して居ますが、
ガードしてた時よりも、状態はイイです。









これからの季節は化膿させない様にしないといけませんね。





当初診た獣医さんが、こういう仔は短命だよ~って言ってましたが、
メイは14歳。

短命って一体何歳なんでしょうね?






今ある溢れてる命がある限り、責任の持てない、
新たな命を増やしてはいけません。

避妊去勢は、徹底して行って欲しいです。






スポンサーサイト
 2015_06_04


 

 

 

さてぇ~。。。

 

 

 

 

 

えぇ~と。。。ですね。。。

 

 

 

 

 

 

ズバッと。。。結果から申しますと。。。

 

 

 

 

 

 

乳飲み子ちゃん達、虹の橋を渡ってしまいました

 

 

 

 

 

 

 

写真は7日のレポートよりお借りしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ダメかもしれないけどと、預からせて欲しいと出して貰った生後2週間位の乳飲み子達。

 

 

 

 

 

しかし、2日近くミルクを飲んで無かった割には、思った以上に見た目にはとっても良い状態で、

 

いけるかも。。。と!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隔離がとれ落ち着いたら、可愛い姿を皆さんに見せられそうと、

 

かなり期待が出来た程のスタートだったんです。

 

 

 

 

 

が、半日ずつずれて、後を追う様に3匹共に虹の橋を渡らせてしまいました。

 

残念でなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カン太はお目目が一つありませんでした。

 

 

 

この子が、預かり間も無くから既に下痢が酷くて、でもミルクを飲ませない訳にはいかないので、

 

ミルクを飲ませると、即出てしまい

 

 

 

ただただ頑張れと。。。

 

 

 

 

 

 

数日過ぎた頃から、他の子達も嫌な色の下痢

 

 

そして、とぉとぉ嘔吐までも

 

 

 

 

 

 

上から下から飲んだ以上に出てしまう様になり、来院

 

 

わずか2日しかセンターに居なかったのに、検査結果も予想してた通りの結果。

 

 

 

その後の処置も獣医さんの指示の元試してみましたが、持ち直しませんでした。

 

 

 

 

あれよあれよの6日間でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いらないと言われて短い犬生を閉じたのでは無く、

 

頑張って生きてと祈る思いの中で虹の橋を渡って行った事だけがせめてもの救いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家の子として、火葬・埋葬を済ませて来ました。

 

 

 

 

 

コロンコロンの可愛い姿で、募集開始で登場する事を心待ちにしてた方々も居たかと思いましたので、

 

報告をさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センターレポート更新されて居ます。

 

まだまだ生きたいのに、家族を失った子達は生きて行く事は出来ません。

 

預かれそうな子は居ませんか?

 

家族に迎えたいと思う子は居ませんか?

 

 

 

 

お問い合わせについては、直接センターに連絡を入れないで下さい。

 

センターレポート内に書かれてますアドレスに問い合わせ下さい。

 

 

 

収容されてる多くの子達のお世話に、職員さん達も一生懸命です。

 

お世話の時間をさかないで頂きたいです。宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モヤモヤとしてたここ数日、追い打ちを掛ける様な事が。。。

 

 

 

 

 

新聞に折り込みで入って来ました

 

 

 

これは一体どぉ言う事。。。

 

 

子供のお年玉位の金額。

 

(決して高いから良いと言う話ではありませんが。。。)

 

 

 

 

しかしこの子達の親が、しっかりとした健康管理の元出産をしてるとは、どぉ考えても思えません

 

 

 

 

 

 

 

 

せめてせめて。。。

 

家族に迎え入れる大切な子の親の様子は、ご自分の目でしっかりと見て受け入れて欲しいです。

 

命がけで産んでいる母犬の事を愛しんで欲しいです。

 

 

 

衝動飼いは、絶対・絶対しないで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

どうか。。。

 

求める側の意識を高めて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 2011_06_17


 

 

 

申し訳ありません。

 

 

又、残念な報告をする事になりました

 

 

 

 

 

 

 

20日の午前10時過ぎ位に、亡くなってしまいました

 

 

原因は解りません。 突然死なのではと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顎の下に、白い毛がチョロッとあるのが特徴で、控えめの可愛い女の子でした。

 

 

 

もぉ大丈夫だろうと、移動先も決めて安心して居たので、かなりショックです。

 

 

 

 

 

この日は、朝早い仕事が一件入ってたので、食事と母犬の散歩しかしてあげられず、

 

終わったその足で掃除に入ったのです。

 

 

 

朝の食事も皆に交じって特に気にもならず、掃除に入った時も共にお迎えに来てくれて・・・

 

 

 

でも後で思えば、心なしか元気が無かった様な・・・

 

お迎えも一番後ろからトコトコ来てた様に思った。

 

 

 

 

 

 

端からシートを丸めてて、フト後ろを見ると不自然に舌が出てたので驚いて側に行き抱きあげると、

 

既にグッタリ、息もしてませんでした

 

 

 

 

 

 

そこは、遊び疲れると寝てる隅っこ。

 

いつもの様、横向きにダラァ~っと。

 

 

 

変に舌が出て無かったら、きっと寝てると思ったかもしれません。

 

 

 

 

 

 

苦しかったのかな?

 

鳴き声一つ上げず、ホント静かで全く気付いてあげられませんでした

 

 

 

 

 

 

 

オバちゃん!って尻尾を振ってお迎えに来てくれてから、ものの数分です。

 

そんな事ってあるんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

この子の身体に、一体何が起こったのか?

 

 

 

 

 

 

 

暫くの間は、何が起こったのか動転してました。

 

 

だって、今さっき、オバちゃん!って歓迎してくれたよね。。。

 

 

 

 

帰って来てくれるのではと、心臓の辺りをマッサージしてみましたが、戻って来てはくれませんでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日の夜、11時位。

 

しっかりご飯を食べて、その後順番にお顔を見て可愛いねって順番に声をかけたら、

 

ジャレて来た時の写真です。

 

 

 

 

この時からおかしかったのか?

 

全く気付かなかった

 

 

 

 

この子も、守ってあげられませんでしたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度かけてもタオルを剥がし全身を舐めたり・・・

 

起きろとでも言ってるかの様に、何度も何度も身体をひっくり返すので、

 

皆の横のケージに入れて寝かせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと眺めてて離れ様としないので、可哀想とは思いましたが、タオルを掛けてしまいました。

 

この様子には見てて我慢が出来ず、自然と涙が・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

又、この様な報告を聞くなんて・・・ですよね。

 

 

応援下さってる皆さまも、私同様にとてもショックだと思います。

 

 

 

 

 

先日の報告から一転してしまい、大変申し訳ないと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家でのあだ名『アゴチョビちゃん』

 

一ヵ月半の短い犬生をとじました。

 

チョビちゃんも我が家の子(家庭犬)として、火葬・埋葬を済ませて参りました。

 

 

 

 

 

ご報告が遅れたのは、落ち込んで寝込んでた訳ではありませんので、こちらは心配いりませんよ。

 

同時に熱を出しました

 

 

 

 

唯一の自慢、体力には自信のあった私が、どうやら風邪を引いてしまった様で、報告遅れました。

 

仕事とワンニャンのお世話はこなしてますが、手抜きは消去法でコメントのお返しの方も遅れてます。

 

 

 

 

 

 

 

直ぐ復活しますので心配しないで下さい。

 

それと、風邪を引いたって事で、馬鹿じゃないと言うのが証明できましたよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、こちらも報告が遅くなりました。

 

 

母犬の我が家での名前ですが「みも」に決まりました。

 

漢字だと「美母」と書きます。素晴しく母性愛のある子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、これから別宅の子達のご飯と母犬の散歩に行って来ます。

 

本宅の子達は、まだ夢の中の様で、いびきをかいて寝てます なので後!

 

この子達には、本当に助けられてます。そして癒されてます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 2010_10_23


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母子犬ちゃん達の様子です。

 

 

 

お預かりをして、二週間以上経つのに、まだ名前を決めてないんですよ(滝汗)

 

正確には浮かんでこないんです

 

もぉ少しお待ち下さい。

 

 

 

 

隔離部屋脱出も、もぉ少し先になりそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆変わり無いかな?と、いまだ毎回、怖々部屋に入る私・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

o(^▽^)oキャハハハ

 

かなり退屈だった様ですね

 

 

 

 

 

こちらも毎回怖ッ 

 

 

 

チッコ、一日二回しかしないので、もの凄い量なんです。

 

シートで遊ばれた後にされると、床上浸水になってます。(母には、そんな様子は内緒です)

 

 

この時はセーフ

 

 

 

 

元気で居てくれたら、それ位なんのその…

 

散歩に行ける様になれば、解決するって事よ!

 

 

 

ウンもど真ん中に御立派なのが  ホッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がり

 

 

 

皆さまから頂いたシート、贅沢に使わせて頂いてます

 

 

 

 

仔犬ちゃん達も、もぉお母さん犬に排泄を促されなくても出来る様になったので、

 

汚れて無いシートが無いほどです。

 

 

 

 

 

 

随分動き回る様になりました

 

掃除中はナゼかテンションが高い仔犬達。

 

 

 

 

 

 

オモチャを渡したら、興味深々

 

 

 

 

大きくなりましたよぉ~

 

小さい子でも、保護当初の2,5倍、大きい子だと3倍以上900㌘にもぉちょい、

 

って程体重が増えてます

 

 

 

 

 

遊び終わると。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

コテッと寝る

 

 

正に天使ですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母犬も、9,4㌔→10、4㌔に増えましたが、まだアバラが浮き出てますね。

 

オッパイは、良い感じに出だしました

 

 

良いお母さんしてますよぉ~

 

 

でも本当は子育てしてるより、人間に甘えたいみたいです。

 

 

母犬と6匹の子達は、気になる様子も無く元気に過ごして居てくれてます。

 

 

 

 

 

 

 

真っ黒集団の、仔犬達の写真をみて居ないと気付いた人も居るでしょう。。。

 

 

 

前回お知らせしたブチの女の子。

 

月曜に亡くなってしまいました。

 

 

 

体温が下がってるのが解ったので、気休めとは思いましたが、洋服を着せました。

 

温めた場所に、ジッとなんてしてないんだもの。

 

 

 

 

 

下痢をして五日間、小さい身体でとても頑張ってました。

 

見てて、凄く辛かったです。

 

 

 

いや、辛かったのはこの子ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安らかなお顔で、まるで寝てる様です。

 

 

 

オチビちゃんの時と同様、家庭犬として火葬をして埋葬も済ませて来ました。

 

 

 

今頃は、先に逝ってしまったオチビちゃんと会ってるかな?

 

 

 

 

 

 

 

母犬は間違いなく人に飼われてた事がある子です。

 

 

避妊手術をしてあげて居たら、こんなに小さい子を苦しめなくて済んだのに…

 

 

 

 

 

亡くなった子の分、センターを出て来れなかった子の分。

 

産まれたからには、幸せになるのだよ。

 

黒チビ集団&ママ

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 


 2010_10_01


 

 

 

 

アップが遅くなりまして御心配かけてます。

 

すいません。

 

 

 

超元気です・・・ 違うかっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の、母子犬ちゃん達の受け入れでは、たいへん多くの方に応援頂けて、

 

正直、自分で驚いちょります

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜に行われたいぬ親会には、予想以上の物資をお持ち頂いて、

 

軽自動車に乗るか心配になる程でした。

 

 

 

 

 

 

他に、トイレシートや段ボール二箱分のバスタオル類。。。

 

 

 

 

 

 

 

預かり仲間は勿論、我が家を卒業したんじゃない犬親様方が物資を持って来て下さいました

 

 

 

 

BLOOMさん宅卒業のたんとママさん

 

ミルクママさん宅卒業のまめじろうママさん

 

ローズママさん宅卒業のナイル&じんぺいママさん

 

 

他にも居らっしゃったのですが、お名前聞くのを忘れてしまいました

 

 

ゴメンなさい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして自宅には。。。

 

 

 

 

 

 

この子から…

 

 

(仮名ファンです)

 

いぬ親会にも応援に来てくれました

 

 

少々、幸せ過ぎ太りしてました

 

 

仮宿でも穏やかな子でしたが、更に穏やかさが増してて、ご家族様の愛情が手に取る様に解りました。。。

 

安心してるんでしょうね

 

 

 

Sさま遠くから来てくれて有難うございました!

 

物資迄気を使って頂き、申し訳ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから。。。

 

 

こんなに大量に。。。

 

 

 

 

送り先名の記載ナシ。。。段ボールひっくり返して探しちゃいました。

 

 

 

 

足長お兄さんからです

(どなたからか、解かりました

 

 

 

Kパパさまお心遣いありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、昨日も。。。

 

 

他の預かりさんの卒業っ子

 

 

 

確かひな&ヤマト達と同じ繁殖場に居たと思う。

 

マルチーズのMarcoちゃんの犬親様からも

 

 

Mさまありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、本当に有難うございました。

 

感謝の気持ちで一杯です。

 

 

 

 

 

 

充分量頂いてますので、もぉ気を使わないで下さいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに応援を頂けるなんて、想像もしてませんでした

 

 

 

 

 

 

それなのに、久々のアップで残念な報告をしなければなりません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前のアップで気になってた人も居たかと思いますが、ダントツのオチビちゃん。

 

女の子です。

 

 

 

火曜日の午後、亡くなりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜に下痢をしてから、みるみる元気がなくなり火曜の朝はさすがに覚悟をして部屋に入ったら、

 

大きく息をしてたのでホッとしたのですが、ずっとか細い声で苦しそうに鳴いてました。

 

 

 

 

 

 

踏まれてて可哀想になり抱きあげると、母犬が元気づけるように、

 

ずっと舐め続けてました。

 

 

 

 

 

 

  

抱いたら下ろせなくなってしまい、

 

午前中の仕事、休んじゃった。

 

(この子達に何かあった時に休ませてくれなかったら辞めると脅迫言ってあるんです)

 

 

 

 

 

 

 

 

昼過ぎ、母の整形外科の送迎の為、部屋を離れる時にタオルにくるみ皆の側に置いて出たのですが、

 

戻った時には、タオルから出て居て、皆の中に埋もれて亡くなってました

 

 

 

 

苦しいだけで終わってしまいましたね。

 

 

せめて素手で抱いてあげたかった。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆と一緒に最後の夜を過ごし、翌日我が家の子として火葬をして埋葬を済ませました。

 

 

 

報告が遅くなりまして、申し訳ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、一番成長が良くて元気だったブチの子も、今戦ってます。

 

 

同じ様におととい下痢を・・・

 

 

 

 

 

母乳を全く吸わなくなってしまいました。

 

一気に体重が落ち、他の子に超されました。

 

 

 

脱水にならない様、シリンジでブドウ糖を与えてます。

 

 

 

部屋に入るのが怖い

 

 

お願い頑張って・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなにも、助けたいと思って下さってる方が沢山居るのですから、

 

頑張って欲しい。

 

 

 

 

 

 

只今、獣医さんと相談をしながら、対応してます。

 

 

どうか、見守って居て下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、正式譲渡間近の、望の犬親様からもご連絡を頂いてるのに、

 

アップしそびれてます

 

 

 

 

真ん中キープ

 

流石のぞちゃん

 

 

 

 

 

先住ちゃんとも、少しづつ良い感じになって来てる様で、留守番時の目の無い時も、

 

フリーに出来る様になって来たそうです

 

 

 

 

 

 

 

そして得意技披露

 

ナイスショット

 

 

オォ~元気・元気!

 

 

 

 

 

 

もぉ、居ない生活は考えられないと、早くも返しませんよコールを頂いてます

 

 

 

 

Iさまマメにご報告ありがとうございます。

 

後数日引っ張らせて下さいませね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、我が家には犬親様募集中の子も居ます。

 

二人共、元気?に過ごしてますよ

 

可愛いツーショットです。

 

 

 

タイトルは【片思い】

 

 

 

 

 

15歳の希、とにかく大ちゃんに対してヒツコイ

 

 

 

 

あの大ちゃんがイエローカードを出す程。。。

 

イヤ!

 

レッドカードですわ。怒っちょりますよ

 

 

 

 

大ちゃん&希犬親様募集中!

 

お問い合わせは、希望アンケートからお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 2010_09_24



02  « 2017_03 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

フリーエリア

プロフィール

メイマミ

Author:メイマミ
FC2ブログへようこそ!

訪問者数

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




pagetop